彦根駅前周辺・彦根の総合観光情報  PLAT HIKONE updated 2018-01-22



琵琶湖にすむアユのなかには、春先に川にのぼって大きくなるものと、産卵直前まで琵琶湖内で過ごすものがいます。
後者は体長10センチメートルくらいにしかならないため、コアユと呼ばれています。この小鮎が料理では非常に珍重されている琵琶湖の固有種として有名です。


これら鮎と小鮎は塩焼き、甘露煮、天ぷらやフライなどにして美味しく頂く事が出来ます。



琵琶湖の固有種であるニゴロブナを用いて料理される郷土料理の一つです。その独特の匂いと味のギャップから長年琵琶湖の「珍味」と言われてきました。

近年では琵琶湖の水質の変化や外来種の影響等で稀少化が進み、高級食材として扱われています。

おなかに卵を持ったいわゆる「子持ちブナ」は更に貴重と言われています。



TEL:0120-80-1775

”干し鮎”からダシを引いたあゆ雑炊は淡白で高尚な味わい。あゆ専門店ならではの本格的な味わいをお楽しみ下さい。


10:00~18:00(夏季)
10:00~17:30(冬季)


火曜日


〒522-0064 彦根市本町2-3-3(京橋店)
ページの先頭へ